点はいつかきっと線結ぶ

やすいくんとらぶとぅーん

涙も夢もあなたにこだまする

語ろうか死ぬほど迷ったテーマです。自分の思ってること残したい自己満ブログだから書くことにしましたウザかったらスルーしてください。

 

私はガッツリ『嵐関ジャニ世代』です。生田斗真とか。小学生の時、宿題くんひみつの嵐ちゃんVS嵐全盛期で(世代がバレる)クラスの女子のほとんどが嵐ファンだった記憶。私もその中の1人でした。そして嵐を好きになる上で気になる自分の知らない「嵐のJr時代」の話。それを語るにはタキツバや関ジャニ生田斗真が欠かせないわけで、私にとって「嵐の仲良いジャニーズ」っていう認識なんです。

中学に上がり周りに関ジャニファンも増えて、関西の面白さもあって私も曲を聞いたりして嵐の次に好きなグループになりました。

しやがれとかVSに来てくれた時も見ててすごい楽しかったし。

某ロックバンドが好きな私はMETROCKも毎年行っていて、関ジャニが出た年もその場にいました。チケットが完売してから出演発表の完全アウェーなステージ。私の予想を遥かに上回る人の多さ、皆邦ロックの世界に放り込まれたジャニーズのアイドルを一目見ようと興味本位で集まった人が多かったように思えました。でも彼らの曲が始まって、一気に会場が彼らのホームに変わったんじゃないかってくらいの歓声で、それだけ彼らの気持ちは強かったと思うし、すばるくんの声も周りの人が驚くくらい力強かった印象でした。

嵐も関ジャニもドームツアーやアリーナツアーが安定になって、ジャニーズを代表するグループになった今、嵐は今年で19年、関ジャニは16年かな(違ってたらごめんなさい)、

安心しきってました。

変わらないでいてくれると。

何も心配はいらないと。

私が彼らを見始めた頃は、私より全然年上だけどまだ若くて、テレビで仲の良さを全開にして楽しそうに前を向いてひたすら走ってたのが、最近は大人になってなんて言っていいか分からないけど『安定』って言葉しか思いつかないくらいなんの不安もないグループになったとこれからも続くんだと、そう思ってました。

その安定を彼らに見た私は刺激を求めた結果、今メインに追っている「ジャニーズJr」に出会い、今こうしてLove-tuneになった安井くんの担当をしてます。

ジャニーズJrに夢中な今、TwitterもJrをメインにしてるから嵐の情報、同時に関ジャニの情報も入ってこなくて、すばるくんの脱退の噂なんて全く入ってこなかった。今年も関ジャニツアーやるんだなあくらい。

私がその噂を知ったのは会見当日の朝でした。Twitterで森田/関ジャニ担の子が記者会見のメールが来たと騒いでて、何があったの?なんて軽く聞いたら噂は広まってるわ会見まで決まってるわで、界隈が確実に動いてて、それでも『関ジャニでしょ?大丈夫だよ』なんて思ってた。

だって、小学校の時からずーっと変わらない彼らを見てるんです。

でも会見で彼は言ったんです。

ジャニーズ事務所を辞めさせていただく決断をしました、と。

私は関ジャニ担ではないです。だけど、その時リアルタイムでその言葉より先の会見を見ることが出来ませんでした。もっというと昨日までその続きを見れませんでした。嘘であってほしいなんて願ったりして。

ジャニーズ事務所に所属するグループから脱退する会見にメンバーが同席したのは初めてのこと。関ジャニの強さを見た気がしました。

詳しいことに関する思いはこんな他担が簡単に語っちゃ行けない気がして、言葉に出来なくて、まだ6人の彼らの現実味がなくて、今日まで来ました。

コンサートを見る機会は無かったけれど私が唯一友達から借りて見た『関ジャニズム』

MCで涙出るほど笑いました。すばるくん大倉くんヨコちゃんのゲーム話がメインだったかな。確か話してる本人達も笑っちゃって話せないほどで、その時すばるくんが30代になってもゲームしてるなんて思わなかった的なことを言った時に、誰かが10年後も変わらないよ。って言ったんです、誰か覚えてないけど。その言葉を嵐と関ジャニには信じることが出来て、こんなことあったねって笑って共に活動してくんだと思ってました。

4/17に更新された生田斗真のジャニーズWebブログ。ボロクソに泣きました。正直彼らがJrだった頃なんて知らないんです。私が生まれたくらいかなとか言ってみる。だけど泣きました。すばる担でも斗真担でもないんです。土竜の唄の主題歌を歌った関ジャニ生田斗真が踊ったと世間をざわつかせたあのFNS、私は編集してDVDに残しました。その時はグループになってから、デビューしてからジャニーズではなかなか見ることの出来ない組み合わせがただ嬉しくて。でもそこで一緒にやれたこと、本人達もほんとに嬉しかったんだなって。斗真がすばるくんを大好きだったこともほんとに伝わってきて泣きました。

 

ずーっと変わらずにいてくれると思ってた人たちの変化、今夢中に追いかけて応援してる人達の現状、私のちっぽけな脳みそじゃいっぺんに処理出来なくて、一方的に不安になるところもあるけど『楽しく』をモットーにオタクを続けられたら…

 

言葉もまとまらないのに勢いで書きました。エイターなんて名乗れないほど遠くから応援してたファンですが、すばるくんのこれからのご活躍、そしてその報告、期待してます。